全国の大型ビジョン・屋外広告のお問い合わせは、ピー・プランニングへ  ☎ 03-3508-0091 FAX 03-3508-0095

街頭ビジョン効果に大きく影響する要因


交通量

 大型ビジョン(街頭ビジョン)を特に取り付けたい設置場所はやはり、人が立ち止まって視線を向ける時間が長い場所です。交通量の多い交差点で、信号待ちの時間が長い場所にある方が最適と言われています。多くの方に見ていただける可能性があり、且つ、無意識に情報を求める待機時間中の方が多いからです。
 
CM放映を考える時に交通量は場所選定の重要な要素になります。警視庁や国土交通省、区や市町村の環境整備担当部署で、交通量に関する統計データも発表していますので、ご検討中の場合は1度ご覧になってみて損はありません。


周辺施設

 ピー・プランニングでCM放映をサポートさせていただける大型ビジョン(街頭ビジョン)は、さまざまな街にあります。設置場所は渋谷、池袋、丸の内、秋葉原、新橋等それぞれに個性ある街並みですが、周辺施設や訪れる方の層には明確な違いがあります。
 
ターゲットの顧客層を年齢や職業で絞る場合、周辺施設情報は重要な手がかりになりますので、広告効果を考えるのであれば、ネット上の地図で確認するだけでなく実際に歩いてみるのもおすすめです。


放映時間帯

 CMをなるべく多くの人に見てもらいたいのであれば、人がたくさんいる時間帯に放映することも重要です。例えば、新宿や渋谷は比較的遅い時間でも人がたくさんいます。何のCMかにもよりますが、深夜時間帯でも大きな広告効果が臨めます。逆に丸の内はビジネス街なので、サラリーマンやOLの方が外出する休憩中のお昼時に大きな広告効果が期待できるのではないでしょうか。
 


 大型ビジョン(街頭ビジョン)は日常の何気ない場所にあるものです。
しかし、日常に浸透しているという事は広告媒体をお選びいただく上で大きな判断基準になります。加えて設置場所の立地条件もご考慮いただければ、より大きな効果を期待できると思います。