全国の大型ビジョン・屋外広告のお問い合わせは、ピー・プランニングへ  ☎ 03-3508-0091 FAX 03-3508-0095

大型ビジョン(街頭ビジョン)の優位性


 東京には多くの屋外広告スペースがあり、中でも渋谷は大型ビジョン(街頭ビジョン)が集まっているエリアです。駅前のスクランブル交差点やヒカリエ前交差点など、ビルに設置されているディスプレイは数多くあります。屋外広告には看板という手段もありますが、ビジョン広告を利用すると静止画と文字だけではなく、動画、音声といった効果も同時に発信する事ができます。
人は、動くものを目で追ってしまう習性があります。動かない大きな看板の写真も人目を引きますが、動く動画も一層目を引きます。
 
 また、音・動き・文字を同時に発信する事ができるため、表現方法も多岐にわたり、アイディア次第で強いインパクトを与える事もできます。映像はリアルタイムで発信する事ができますので、ニュースや生放送の番組を中継で繋ぐ事もできます。さらに、広告の効果だけではなく、大型ビジョン(街頭ビジョン)自体がその街のシンボルになる事もあります。


大型ビジョン(街頭ビジョン)の特徴


 大型ビジョン(街頭ビジョン)は現在全国に160基ほど設置され、そのほとんどが駅前や繁華街など多くの人々が集うエリアに集中しています。大型で美しい映像から流れる情報は、ワクワクした気持ちで街を訪れた瞬間、人々に計り知れないインパクトを与えるに違いありません。
 全国の大型ビジョン(街頭ビジョン)をネットワークしたり、あるいは渋谷や池袋、秋葉原等、エリアを限定して広告を放映するなど、大型ビジョン(街頭ビジョン)は今や多くの企業にとってプロモーションを行う際の有効なツールとして外すことのできないメディアとなっています。番組の内容は主に企業のCMをはじめ、天気予報やニュース、エンタメ系の最新チャートや地域に即した行政情報などによって構成され、街を行き交う人々まで有益となる情報を提供しています。
 また、一部の時間を買切ってライブ中継を放映したり、複数のビジョンで同時に同じ情報を放映するなど、話題作りにも事欠かないメディアとなっています。


ピー・プランニングでは、大型ビジョン(街頭ビジョン)や首都高速道路からも見えるLEDビジョン、屋外広告やイベントコーディネートも行っております。渋谷や新宿、池袋で映像広告を流したい方はピー・プランニングにお任せください。札幌から沖縄まで、全国の大型ビジョン(街頭ビジョン)で広告を放映する事が可能です。場所によって料金が異なりますので、まずはご相談ください。